秋田市で品揃え最大級のリフォーム・増改築専門店プライムリフォーム

  • 0120-15-5656
スタッフブログ

☆型ガラスとすりガラス☆

こんにちは(‘ω’)ノ

 

まだまだ暑い日が続いている今日この頃、

皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

 

プライムリフォームでは、8月29日(日)まで

イベントを開催しておりますので、

検討中の方はぜひ一度お越しください!

 

さて話は変わりますが、みなさん「型ガラス」と「すりガラス」

というガラスを聞いたことはありますか?

 

どちらも外からの視界を遮る為に使われるガラスです。

 

では、こちら2つのガラスの違いはご存じでしたでしょうか?

 

実は窓や建具のガラスを交換する際、非常に間違いやすいのがこの2つのガラスなんです!

…ということで、今回はこの2つのガラスについて少しお話していきたいと思います。

 

まず「すりガラス(磨りガラス)」とは、「サンドブラスト加工」を施し

表面に繊細な凹凸を付けたガラスのことを指します。

 

 

 

この表面の凹凸によって光が乱反射し、

ガラス全体が白く不透明に見えるのです。

しかし、水に濡れると透けてしまうといった特徴もあります。

 

○主に使用される場所

・照明周り

・古民家や和室の建具など

 

 

一方で「型ガラス」というのは

片面がデコボコしていて、もう片面がツルツルしているガラスのことを指します。

 

 

○主に使用される場所

・浴室やトイレなどの窓ガラス

・食器棚など家具の扉部分

 

視界は遮られるものの、すりガラスと比べて

向こう側にある物の形がぼんやりわかる程度になります。

 

ガラスの種類で迷われた際などは、

ぜひこの2種類のメリット・デメリットを思い出してください!